友人が旅立ってしまいました

ポストに喪中はがきが入っていました。

知らない男性の名前。

間違えて入っていたのかな?と思ったけれど、あて名は私に間違いなく、よく見ると、友人が永眠したことが書かれていました。

体の力が抜けた状態になったようでした。

ホスピスを見に行っちゃったわよ
↑ の記事の友人です。

携帯電話やスマホ、PCを持っていない友人で、連絡は自宅の電話かお手紙のみ。

昨年の夏に、もう少し涼しくなったら会いたいですねと話をしていて、あっという間に寒くなったので、「春になったら会いましょう」と話をしていたのです。

でも、コロナ禍で気軽に外に出られなくなり、結局、そのままでした。

永眠の日付からすると、夏には危篤状態だったのでは?と想像されます。

私はのんきに、彼女に暑中見舞いを出していました。

いつもなら、すぐに返事が来るか電話をいただけるのに、今回は音沙汰なし。

コロナ禍だからと、自分で納得させていたけれど、その時に、「もしかして?」と思っていました。

そして、しつこく残暑見舞いを出し、返事がなかったので、もういないのかも?って感じていました。

怖くて電話できませんでした。

なぜ、涼しくなったらとか春になったらとか言っていないで、「じゃあ、明日会いましょう」と言えなかったのか。

病院が同じで主治医も同じ。

私が抗がん剤治療を迷っている時に、話を聞いてくれた人。

最後の抗がん剤治療の入院も一緒。

年齢はずいぶん違うけれど大切な友人でした。

がんが原因なのか、年齢によるものなのか、コロナなのか分からないけれど、私は気がついていました。

そろそろ彼女とはお別れだって。

それなのに会いに行かなかった自分が情けないです。

会いたい人には、「いつか」じゃなく「すぐに」会いにいかないと、「いつか」は会わないという理由になってしまいます。

友人と出会えたことに感謝します。

友人の安らかなお眠りを祈ります。

また、会える時まで、またね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください