旅立った友人が見せてくれた夢

昨夜、悲しいような嬉しいような夢を見ました。

旅立った友達のご家族と一緒にご飯を食べながら、友人のことを話ししているのです。

最期は苦しまずにいられたのか?

いつ頃から体調をくずしたのか?

入院したのは手術を受けた病院なのか?

気にかけていたホスピスには行ったのか?

などなど。

どんな返事をもらったのかは覚えていないけれど、残されたご家族はみんな笑顔だったので、それなりに受け止めているのだろうと安心して、わたしもいつまでも、クヨクヨしていても仕方ない。

また会う日までに充実した日々を過ごして、もっと楽しい話ができるようにしておきたいと思っていた。

目が覚めて、辛い気持ちとほっとした気持ち。

本当にもうこの世にはいないのだろうか?

もう一度、優しい声で電話がかかってこないだろうか?

もしかして、来年も年賀状がとどくのではないだろうか?

もっと早く会いに行っていれば…。

など、グダグダ考えていたから、心配して夢を見せてくれたのでは?って気がします。

もう二度と、「もっと早く…」という後悔はしたくないです。

会いたい人にはすぐにでも会いに行かなければ。

今は、コロナ禍で気軽に出歩くのは、余計に迷惑をかけてしまうので、何か方法を考えなければと思っています。

オンラインでと思っても、オンラインでの会話が苦手な人も大勢いらっしゃると思います。

旅立った友人も、ネットやスマホは使えないので、オンラインで…なんて言うと引いていたはずです。

母のような友人。一生忘れない。

私と出会ってくれて本当にありがとうございます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください