どうかご無事で協力して乗り越えましょう

4月になりました。

大変な期の始めになりましたね。

みなさま、ご無事でしょうか。

今年の新入社員の人たちは、研修は在宅でとか、テレワークとか大変なことになっているようですが、もしかしたら、今後、それが通常になるのかも知れないですね。

私は、今日から無職なので自宅待機です。

でも、自宅にいたからと言って、感染しない保証はないですからね。

自宅が大好きな私は、家の中に居るのは苦にならないけれど、それはいつでも外に出ていける自由が与えられていたから、苦ではなかったのですよね。

外に出たら感染の危険があるから、気軽に出られないと思うと、やはり窮屈です。

東京も日に日に感染する人が増えているようです。

国立がん研究センターでも医療従事者が感染したので、新規の患者さんの受け入れを見合わせているとか。

仕方ないと思いながらも、早急に手術や治療しなければいけない人たちの不安を想うと、一日も早く終息するように、何とかしなければって焦ります。

そして、危険の中で懸命に働いてくださっている医療従事者のみなさまには頭が下がります。

まだ、緊急事態宣言を出す時期ではないと言うけれど、こんな状態で出さないでいつ出すんだろう?って疑問です。

私にできることは、自分が感染しないこと。

もし、知らないうちに感染していたとしても、それをばらまかないようにすること。

でも、難しいですけどね。

外を出歩くときはアルコールを持ち歩き、お店等で手渡されたお釣りや何やかやは、消毒してから自分のカバン等にしまう。

帰宅したら、しっかりと手洗いうがいをする。

栄養を摂り、規則正しい生活をする。

他にできることはなんでしょう?

 

X JapanのYOSHIKIさんが山中教授のHPを紹介してくださいました。
山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信

そして、こちらもぜひ。

山中教授もおっしゃっていますが、このウイルスとは長期戦になりそうですね。

私は、このまま企業の求人が動かずに働けないでいると、コロナウイルスでの感染ではなく、貧困でこの世を去ることになるかも知れません。

備えをしていない自己責任と言われれば仕方ないです。

でも、自宅待機を命じられて保障がない企業にお勤めの人や、自営業の人たちなど、きっと、私のような人は少なくないはず。
みんなで協力して、一刻も早くとりあえずの終息をさせたいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください