子宮頸がんワクチンでの健康被害に国が救済?

昨日に引き続き、読売新聞ニュースによると

子宮けいがんワクチンを接種した女子中高生らに体の痛みなど重い症状が出ている問題で、厚生労働省は18日、定期接種後に健康被害が生じた6人に医療費などを支給すると決定した。(YOMIUTIONLINE)

とのこと。

初の国による救済で、素晴らしいと思うのですが、

6人だけって何?

 

厚労省は、定期接種になる前の任意接種後の健康被害についても今月中に救済手続きを進める。

 

とのことですが、任意接種だろうが、定期接種だろうが、
国が認めた接種を受けての健康被害なんだから、
6人だけと言わず、健康被害にあった人、全ての救済をお願いしたいものです。

 

がんの治療時にも思っていましたが、
いろんな救済制度があって助かるけれど
それでも、どの制度にも当てはまらない人が出てくることもあります。

何とかならないでしょうかね。

 

本当に必要な人に必要な支援が行き渡りますように。

 

そして、そのために私が出来ることは何でしょうかね?

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください