久しぶりの診察日を前に心穏やかに

明日は3か月ぶりの診察と検査です。

こんなにも病院と離れたのは、何年ぶりでしょう。

子宮体がんも乳がんも、すっかり忘れている状態です。

時々、乳がん手術の断端部が傷んだり、CVポートが傷んだりするけれど、

抗がん剤の副作用時や、放射線治療の副作用の時に比べたら

蚊に刺されたようなものと言うか、それ以下かも知れません。

 

手のしびれはムカつくほど痛いけれど、

痛くても動くし、直に治ると思っているので、なんとか我慢できます。

 

明日の診察の結果で、もっと診察の間隔が延びるようです。

このまま何事もなく、のんきに暮らしていきたいものです。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください