睡眠12個条

最近、早く寝なきゃ、寝なきゃと思って、帰宅しても慌ただしく、早く寝ることだけ考えていたところ、厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針2014~睡眠12個条」というのを見つけました。

それによると

1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。
2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
11.いつもと違う睡眠には、要注意。
12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

分かっていますけどね、それが出来ないんですよね。

環境づくりも大事と言われても、間接照明にするようなオシャレな部屋にはならないし、
適度な運動が、これまた難しい。

第4条の内容が、すごく共感しました。

「睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
眠れない、睡眠による休養感が得られない場合、こころのSOS の場合あり
睡眠による休養感がなく、日中もつらい場合、うつ病の可能性も」

私の場合、睡眠時間は長くても、ちゃんとした休養になっていないのかも知れません。

良い睡眠をとるためにも、心のゆとりを持たなければ!

コメント

  1. おこちゃんちゃん2014年4月25日 01:46

    難しいですね~(-。-;)

    日によって、熟睡加減も、睡眠時間も、バラバラ何ですよ。
    先生に、お手上げされましたからね~、自分でも色々試したけど。

    フェルチンのんでみたいなー!

    返信
    • 桃杏2014年4月25日 20:44

      おこちゃんちゃんさん、こんにちは(^O^)

      睡眠って難しいですよね~。
      気分や疲れ具合が違うと、それで睡眠の質も違ってきて
      早く寝ても、眠り足りないこともあるし、
      時間が短くても、ぐっすり眠った気になることもあって
      ホント、ばらばらです(^_^;)

      返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください