見えていたのは子どもの頃の私?

数日前に、ヒプノセラピーというものを体験してきました。

期待でワクワクして行ったのですが、

セッション場所まで、道に迷う、汗ダクダクで嫌な状態になるで、

「失敗したかな?」って状態から始まりました。

 

無事に到着して、すぐにカウンセリングが始まり、

受けようと思ったキッカケや、子供の頃のことを聞かれた後、

どうなっていきたいのか方向性を決めるのですが、

その方向性が分かりませんでした。

どうなるのが自分にとって嬉しいのか、どうなっていくのが自分らしいのか

全く分かりませんでした。

 

何でもそうですが、ヒプノセラピーも、目標がはっきりして受けるのと

ぼんやりと受けるのとでは、効果が違ってくるらしいです。

当然と言えば当然ですね。

 

長いカウンセリングの後、トランス状態に誘導されるのですが、

6年くらい前に受けた時には、全く何もなかったので、

今回もダメかなと少し思っていたけれど、

すぐに、催眠状態(?)に入りました。

 

見えたのは、生きる原動力の言葉と、父の気配と5歳くらいの女の子。

父の気配を感じた時点で、涙が流れてきました。

セラピストの人の誘導で子供の心に入ってみたり、大人の自分に戻ったり、

いろいろな質問があり答えて、また涙。

 

睡眠状態と言っても、意識はしっかりあるし、

現実のこと(涙ふかなきゃとか鼻水出てきて困るとか)を考える自分もいます。

 

トランス状態で見えたのは、本当に見えたのか、

自分で考えていたことなのか分からないけれど、

終わった後に思ったのが、「やっぱり、これが来たか~」ってことと

X JapanのYOSHIKIの姿でした。

でも、だからと言ってどうすればいいのか分からないし、

セラピストに聞くと、「今回のことをとらえて、自分で折り合いをつけていくしかない」と。

はぁ~って感じでした。

 

もっと、直接的なメッセージを受け取りたい場合はメニューが違っていたみたいですね。

「大枚はたいて失敗しちゃった」と思いながら、その場所を後にして自宅に戻る途中、

YOSHIKIに会いたくて会いたくて、早く姿を見なければいけないと、

一目散に走って帰り、その後、ず~っとXのDVDを観ていました。

 

今回のセラピーで分かったことは、

私がYOSHIKIに心惹かれる理由のようなものと、

セラピストの人に「捨てたら何か問題があるの?」と聞かれたものを

最後まで持ち続けて生きて行くという決意に似た気持ちです。

 

そして、その翌日、決定的な変化が起こりました。

今、そのことと向き合い中です。

セラピーの効果なのか単なる偶然か分からないけれど、

何かひとつのキッカケになったのかな?

そう思わないと、大枚と時間がもったいないですからね。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください