ヒプノセラピーは外科手術?

久しぶりの心療内科の診察日。

前回は3週間前だったので、たいして日が経っていないのですが、

その間に、急展開した事柄がいくつかあって、

報告に時間がかかってしまいました。

 

その中のひとつにヒプノセラピーを受けたことがありました。

内容を話ししていると、先生の反応が、いつもとちょっと違っていて

「やはり、相談しないで受けたのがいけなかったのかな?」と思っていると、

実はその先生は、催眠療法の勉強から入って、

現在、心療内科の先生をしているとのこと。

 

現在の私の一番の問題点は生活のことで、そのための解決策を探していたけれど、

もし、内面を変えることに重点を置くのであれば、

治療方法は全く変わってくると。

 

「そりゃそうだろうな」と思いながら話をしていて、

ヒプノセラピーを受けて、寝た子を起こされた気がして

余計に嫌な思いが蘇ってきて、それに対してのアドバイスがなく

だから何?って状態で終わったことを話すと、

 ヒプノセラピーは確かに効果があると思います。

 でも、それには時間がかかるんですよ。

 それに、外科手術のようなもので、開けた心を縫わないといけない。

 そこまでしてもらうには時間とお金がかかるでしょ。

 傷を縫ってもらえればいいのですが、そうじゃないでしょ。

 あなたが受けたのは退行睡眠だと思いますよ。

 それで、そこで見た想いをどうしますか?

 結局、解決しなくて開いただけなのなら、急いでふさぎましょう。

とのことで、ものすごく納得してしまいました。

 

ヒプノセラピーを受けた後の違和感はこれだったのだ!と思いました。

 

ヒプノセラピーの注意事項に、「精神科や心療内科で治療中の人は

医師の許可を得て、治療の後押しをするために…ウンヌンカンヌン」

と書かれているのが良く分かりました。

 

私がもしまたヒプノセラピーを受ける機会があったとしたら、

次回は過去や前世よりも、未来や来世を見たいものです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください