目が覚めて会社に遅刻する理由を考える

このところ、身体のだるさとやる気のなさで、ダルダルの日々です。

全くやる気がないので、集中力がなく仕事もダラダラです。

幸い、真面目に働いてくれる若者がいるので、

細かい仕事をしてもらって助かっています。

 

毎朝、頭が痛くて身体も重いので、目が覚めてまず考えることは、

会社に遅刻する理由です。

午後になると調子が戻ってくるのは分かっているので、

休むという選択肢はないのですが、会社に行きたくないので遅刻の理由です。

 

「体調不良のため」ってだけで良いのですが、細かく考えるんですよね。

「頭が痛くて身体も痛く、心臓も苦しかった」と言おうか?

「足が痛い」と言おうか?

「喉が痛いから病院で薬をもらってから出社」と言おうか?

「指のしびれと関節痛がひどかった」と言おうか?

いろいろ考えて、でも、結局、いつも通りに準備をして出かけます。

 

もっと辛い時に休むために、遅刻も早退も休暇もとっておこう。

重くても身体が動かないわけではないからって思って。

 

秋は肺の機能が弱る季節だそうですが、このダルさは肺機能と関係なさそう。

内臓が弱っているというよりも、天気が悪くて太陽の光を十分に受けられずに

セロトニンが不足して交感神経の働きが鈍っているって感じかな。

 

元気で動けるだけで有難いけれど、もう少しスッキリとシャキッとしたいな。

 

コメント

  1. 桃音2015年11月25日 19:04

    私もそう。
    疲れやすくて、遅刻の言い訳考えること多し。
    でも、それでも出社される桃杏さんは、立派です、
    そう、後に休みを取っておきたいですよね。
    どうぞ無理だけはなさらずに。

    返信
    • 桃杏2015年11月27日 00:38

      桃音さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      誰か代わりに稼いできてくれる人がいれば
      間違いなく遅刻しています(笑)
      抗がん剤治療中の歩くのも辛い時に出勤していたことを思えば
      これくらい何ともないって言い聞かせています。

      桃音さんも無理なさいませんように。

      返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください