手のしびれと痛みの引き金になったこと

身体均整法の先生に、身体の歪みはずいぶん戻ってきたと言われ、

「もう少しだ」と喜んでいたのですが、

先日から、手のひらのしびれがぶり返してきました。

また、身体がゆがんできたのかなと思っていたのですが、

それにしても、しびれと痛みが激しすぎます。

硬いものや尖ったものが触れるとチクチクと痛んで、

薄皮が被っているような手のひらの感覚です。

 

これって、子宮体がんの抗がん剤治療中の副作用を想い出します。

あの時は、副作用だと解っていたので、慌てず騒がず済んだのですが、

今回はちょっと困ります。

 

そして、想い出しました。

はるか以前、自律神経失調症が大変だった時のしびれと似ています。

そして、パニックの症状のような、ドキドキや息苦しさがあります。

もしかしたら、これがしびれと痛みの原因かも?と思ったら、

ずっと溜まっている胸の奥の重いものと、

それに加えて引き金になったかな?と思い当たる事件が。

 

先日、会社の若者がパニックになって、大声で奇声を上げたんですよね。

その時は、他の若者たちへの影響が心配で、その場をやり過ごすことに

集中していたのですが、その晩から、地味~に具合が悪くなってきたんです。

何が?と聞かれても、うまく言えないけれど、

息をするのが苦しく、何よりも、彼の奇声がずっと聞こえる気がします。

 

何の悪気もなく障害からくるものだと解ってはいても、

ビックリした私の身体は心に反して反応しちゃうんですよね。

 

今の会社に入って、多少の奇声には慣れたはずだったのに、

ちょっと今回はビックリしすぎました。

でも、私の手のしびれとは関係ないかな。

 

コメント

  1. のんチャン 2015年5月18日 21:43

    こんばんは、桃杏さん。
    桃杏さんの職場がどのような職場なのかわかりませんが、社会的生き難さを持った方々と接する機会が多くなりました(個人的に)。
    そして、受け入れる周囲の配慮や仕事の与え方などの難しさやその人自身を尊重することの難しさなどを勉強させていただきました。
    幸い?精神的にタフなのか?忘却力が人より優れているためか?私は、精神的ダメージをあまり受けることなく、過ごさせていただきましたが、ナイーブな方にとっては大変だろうな~と思います。

    お休みの時には、しっかり心と体を休めてくださいね。
    無理をなさらずに。

    返信
  2. のんチャンさん、こんにちは。

    職場は、生き難さを抱えた人たちがメインの職場です。
    多くの人が何気なく出来ていることが、なかなかできない人たちが多いのですが、
    数字にめっぽう強い人や、ハサミやカッターの魔術師のような人など
    驚くべき才能を見せてもらっています。

    悪意など感じないビュアな心に囲まれての業務は
    活気があって、驚き発見があって、楽しいのですが、
    パニック障害を抱えている身では、突然の奇声などには
    なかなか慣れません。

    しっかりと休みたいですね~。
    ありがとうございます。

    返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください