ドレーン抜きと退院ブルー

2012年1月22日のこと。

この日は日曜日だったのですが、

乳腺外科の先生たちは曜日なんて関係なしに回診に来て、

胸に入っていたドレーンを抜いていきました。

「ちょっと気持ち悪い感じがしますよ」と言われたのですが、何も感じなかったです。

でも、想像よりはるかに長い管が体内から出てきてビックリでした。

こんな長いものと1週間共に過ごしていたのね…と思うと、またまたビックリです。

心の中で、ありがとうとさよならを言って、お別れです。

ドレーンを抜いたので、予定通り翌日は退院だそうです。

 

予定外だったのは、ドレーンを抜いたら、すぐさまシャワーができると思って

張り切っていたのですが、看護師さんに

「退院したらお風呂に入れますからね」とニッコリ言われました。

 

持ってくるもの一覧に書かれていた、洗面器などのお風呂用品は必要なかったようです。

 

退院後、骨シンチという検査をしなければいけないそうで、予約を取ったのですが、

「この検査の注射は高いので、キャンセルする場合は2日前までに言ってくださいね」

と先生に言われ、一体いくらなのー!!と、ブルブルです。

 

どうせなら、入院中にしてくれれば良いのに、ドレーンが入っていては無理だったんですかね。

そんなこともあり、退院が決まって嬉しいはずが、私の場合は、退院ブルーです。

 

ここなら、黙っていても食事が出てくるし、

考える事は「いつ、お風呂に入れるのかなー」ぐらいで良かったけど、

家に帰ると直ぐにハローワークに失業給付の続きの手続きに行ったり、

就職支援会社に面談に行ったり、履歴書を出したり…と、

治療を考えながらの就活の日々が始まりますからね。

一気に暗い現実の日々がやってきます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください