自由診療費は説明しないで加算しても良いの?

4年間通っている心療内科で、昨年の中くらいから、
自費診療費として20円が加算されるようになりました。

項目の明細を見たところ「予約料再20」で、
意味が分からないので聞いたところ、
医師の指名をして予約した費用なんだそうです。

なにそれ?と思ったものの、仕方ないなとそのまま払っていました。

昨年、忙しくてなかなか通院できなくなり、
先日、4カ月ぶりにようやく、診察に行ってきました。

間が開いているので初診料は仕方ないと思って行ったのですが、
あまりにも高くて驚きでした。

領収書を見ると、いろいろ加算されていて、
後で項目を確認しようと持ち帰り、帰りに薬局で薬をもらう際、
薬局の人が、『高い!何これ?』と言うので、
「やっぱりそうですよね」と明細を見ようとしたところ明細がない。

領収書を見ると、自費診療費として300円が加算されていました。

夜間診療費なのか?と思ったけれど、その病院は今まで夜間加算はしていなかったし、
加算しますという張り紙もなかったし、
第一、18時前に病院に入っていたので違います。

薬局の人も「自立支援医療」を使っていての金額として初めて見たとのことでした。

 

で、その次の診察後の会計で聞いてみました。

すると、『初診の場合は時間がかかるので300円加算しています。
それは、全ての初診の人に加算しています。』

とのこと。

それなら、その旨を説明するなり、書いて貼りだしておくなりしないと分からなく
いきなり300円加算されても何の費用なのか疑問に思うと言ったところ、

『当病院ではそんな説明はしていないし、
通常、1カ月間があいたら初診料をとるところ、
当院では3カ月としています』と。

初診料の話ではなく、自由診療費については病院独自に違うので
説明しなければいけないのではないかって言っているんです。

「初診料を1か月間があいたら取るところを、3か月でとるという
良心的なことをしているのは分かったけれど、
自由診療費の説明をするか、お知らせで貼っておくかしなければいけないのでは?
って言っているんですけど」と言ったところ、

『じゃあ、あなたは再診察だから、これこれこの金額、
あなたは初診だから初診料がこの金額と、一人ひとりに説明しなさいって事ですか?
そんなことできません』と逆切れされてしまいました。

 

そう言えば、以前通っていた婦人科で、
毎回、必ず自由診療での検査がありました。

その会計の際、
『今日は、先生が必要だと思うので、自由診療での検査を行いました。
○○○○円ですが、勝手に検査をしたので、お支払いされなくても自由です。
でも、お支払いされなかった場合には、この検査結果はお知らせしません』
と言われていました。

恐いので、毎回払っていましたが、
説明があるだけ良心的に思います。

 

親切な心療内科だと思って通っていたのに、この件で、一気に信頼は落ち、
帰りに薬局に行った際に、

「初診だから時間がかかるから300円加算するって何でしょうかね?
そのための初診料をとっているのに、更に加算するって意味分からないですよね」
と話してきました。

聞くと、その病院と治療費のことで揉めたのは、私だけではなかったらしく、
以前にも、薬局の人に、揉めた人や、それを見ていた人が話ししていったらしいです。

薬局の人が
「先生が代わって、経営が厳しくなってきてるんじゃないの?」
だそうです。

経営が厳しいからって、訳の分からない診療費を
説明なしに加算するって、どうなんでしょうね?

一言、説明すべきでは?って思うのですけど、私が無理を言っているのでしょうかね。

 

コメント

  1. 桃音2016年4月5日 20:36

    体調ことが書かれていたので心配です。
    何かお仕事で、ストレスが過剰になってないでしょうか…
    周りの方々に恵まれているのは良かった。
    でも、通勤、感情労働、ストレス大きいと思います。
    私コトながら、前職ではやはり息苦しさで、通勤途中に
    電車を降りたりしてたので…
    先日は、仕事のゴタゴタで、生きる意味を感じられない日々もありました。

    大切なブロ友の桃杏さんだから
    どうか、桃杏さんのつらい状態がよくなりますよう祈っています。

    返信
  2. 桃杏2016年4月5日 22:23

    桃音さん、こんにちは。
    コメント&ご心配ありがとうございます。

    結構、元気に過ごしています。
    息は苦しくてもできないことはないし、
    大きく吸えば、一瞬は楽になるので、
    それで時間を過ごしています。

    モロモロの過剰なストレスで、肝臓も悪くなったらしいので、
    そこからも来ているのかも知れません。

    桃音さんのほうが大変だと思います。
    どうか無理なさらずにお過ごしくださいね。

    返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください