がん患者の就職相談

静岡県では、ハローワークの担当者が病院に出向き、
がん患者の就職を支援する取り組みが好評とのニュースがYOMIURIONLINEにありました。

私は、がんになったからといって、働けないなんて思っていませんでしたが、
世間は働けないと思っていると知り、ビックリしました。

そして、乳がんになってからの仕事にはホント困りました。
まぁ、私の場合は能力がなかったってのもあるんでしょうけどね(^_^;)

障害者枠のように、がん枠を設けてもらいたいと思ったこともあります(てか、今も思ってます。)

「がんだけ特別なの?」と言われることも多くあるのですが、
他の病気よりも、がんに対するイメージだけで
「もう死ぬのか。だったら仕事はできない」と思われるんですよね。

体力は落ちるし、薬の副作用とかもあり、
病気になる前と同じように働くのは無理になることもあるかも知れませんが、それでも働けるんですよね。

それに、医療費のためにも働きたい人がいっぱいです。

ちなみに、キャンサーソリューションズさんという会社では、
がん患者の就労支援をおこなっています。
電話による無料相談も行っているようです。

もし、悩んでいる人がいたら、相談してみてはいかがでしょうか。

HPはこちらです→


がんになっても当たり前に働ける世の中になりますように。

コメント

  1. 小梅2014年4月6日 23:41

    桃杏ちゃんこんばんは^^ちょっと前にがんになっても治療しながら仕事してるという人の数がものすごく多いとやってました。治療の為に 休まざる負えない日があったりするうちに回りの人の迷惑をかけると仕事を辞めなければと思うようになってしまう人。そういう人の為に
    夜間外来を始めたという病院を紹介していたお。病気になっても働けなければならない人がほとんどです。働く意欲のある人の為にも 病気の人も安心して働ける世の中に。

    返信
    • 桃杏2014年4月7日 20:43

      小梅ちゃん、こんにちは(^O^)

      そのテレビ、私も観たよ。
      がん治療しながら働いている人数は32万人って言ってたかな?
      放射線治療は一定期間、毎日病院に行かないといけないし、
      まわりに迷惑がかかるって思うよね~。

      夜間外来は有難いけど、仕事して治療に行くって
      疲れるだろうに、スゴイな~。

      返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください