2020年もありがとうございました

新型ウイルスの影響で、2020年は生活環境が大きく変わった一年でしたね。

今まで常識だと思っていたことが大きく崩れて、想像力や柔軟性が試されたような年でした。

でしたと言っても、これからも続くんでしょうね。

2020年の最後の日に東京都で新たに1300人超の新型ウイルスの感染が確認されたそうです。

検査をする医療機関や人が増えて、その分だけ感染確認者が増えているのだと思いますが、このままこの状態で、感染者が増えましたと報告を聞いて、その先は何があるのでしょう。

自己自粛している人は、ず~っと自粛しているし、しない人はしない。

みんな苦しい。

でも、生きていかなければいけないです。

そのために何をすれば良いのか?

自分のため、家族のため、同僚のため、隣の人のため、誰かのために自分に何が出来るのか。

もっともっと考えて、行動して生きていきたいと思います。

新型ウイルスの影響で、必要な治療が受けられない人がいることが悲しい。

健康診断など受診を控えて、早期発見ができたかも知れないのにできなくなる状況は避けなければいけません。

そういう私も、健康診断には行っていません。

乳がん検診に行っているから、それで良いかなと。

ダメですね…。

それでも、私は検診には行っていませんが、大きな挑戦をした一年でした。

こんなコロナ禍に無謀な挑戦でした。

この挑戦が、「無謀だったな」で終わるか、「あの時にやって良かった」になるのかは、来年以降の私の覚悟と行動にかかっています。

優柔不断でいつまで経っても決断ができなくなっていますが、残り少なくなった時間を有意義に過ごすためにも、動いていきます。

今年もたくさんの友人・知人を見送りました。

そんな中、もう終わりで良いよと思いながら生きていた私が、今も生かされているのだから、大切に生きていかなければいけません。

コロナ禍だからと嘆いていても何も変わりません。

こんな時だから、誰かを思いやり、みんなの笑顔のために動いていきたいです。

ブログの更新はボチボチになっていますが、それでも、遊びに来てくださっている人たちに感謝いたします。

みなさま、今年もありがとうございました。

穏やかに新しい年が迎えられますように。

そして、来年も穏やかに過ごせますように。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください