2か月待った乳がん検診の再検査

乳がん検診に引っかかって、かれこれ7か月。

ようやく、再検査に行ってきました。

なんと!初発で手術をしてくれた主治医が、再検査の病院の先生の一人でした。

と言うか、その病院にいるらしいと聞いていたのですが、まだいらっしゃったとは…。

でも、今回の担当先生は別の人ですが、とっても優しい人でした。

そして、病院に行くたびに不思議なのが、診察前に書かされる問診票です。

現在の状況や既往歴、アレルギー、家族にがんの人がいるか、いるなら何のがんで、その人との続柄は? など、事細かに記入するのですが、診察室に呼ばれて診察が始まると、同じことを聞かれます。

聞くんだったら、書かなくても良くない?って思うのですが、どうなんでしょう?

今回、検診にひっかかったところは、昨年の健診でもひっかかっていたこと。

更に、その前の定期健診の最終でも指摘されていて、その時に先生が、
「マンモグラフィーの性能が良くなったから、こんなにハッキリと見えるのではないか?」って言っていたと話をすると、『その時の画像と比べるのが一番いいんだけど』と。

今回の再検査は、行くのが面倒で面倒で、面倒だな~って思いながら出かけたので、持っていこうと思っていた3年前の画像を忘れたので、「持ってるけど、忘れちゃった」というと、『次回持ってきてください』とのこと。

今回の検査で終了だと思っていたので、「次回があるの?」とちょっと動揺。

そんな問診の後に、超音波検査とマンモグラフィー検査でした。

超音波検査のためのベッドに感動しました。

歯医者さんのような椅子なので、座っていたら自動で倒してくれるし起こしてくれます。

めまい症の私にとっては助かります。

そして、先生なのか技師さんなのか、めちゃくちゃ親切。

画像を丁寧に説明してくださいました。

約2センチの影があって、前回の傷のあたりの影が気になるって説明を受けました。

私は「再発も転移もするつもりはないから、影があったとしても大丈夫でしょう」とのんきに返答していたのですが、その安心のためにも、針生検した方が良いのでは?と。

次のマンモグラフィー検査も特に痛いとか苦しいとかはなく、すんなりと終了でした。

そして、画像の説明を受けるために先生のところに戻ると、『次回、針生検をした方が良いけれど、その前に、やはり、今回の画像だけでなく、定期健診の最後の画像と比べたい』と言われ、また行かなければいけなくなってしまいました。

病院は自宅から数分のところなので、検査の合間に自宅に戻って持ってくればよかったと、ものすご~く後悔してしまいました。

同じ病院で受けないと、経過が分からないし、何の治療をしたのかも分からないので、やっぱ、面倒ですよね。

まぁ、何でもないと思うのですが、とりあえず、2週間後に再診察となりました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください