今度はカルテの改ざんか?

昨日から少し身体の調子がおかしかったのですが、

今朝、お腹が痛くて目が覚め、頭も身体も痛く、

何だかとっても寒気がしていました。

 

それでも、いつもと同じ時間に会社に向かい、

会社の近くのカフェにいたのですが、

やはり全身の寒気は取れず早めに会社に入り

体温計で熱を測ったところ、38.3度。

しばらくすれば下がるかと思って、1時間後に測ってみたところ、

今度は38.5度になったので、みんなに移ると大変だから帰りました。

 

帰宅途中にインフルエンザだったら大変だからと思い、

仕方なしにいつもの病院に向かい診察してもらったところ、

インフルエンザ反応は陰性だけれど、発熱から時間が経っていないので

正確な診断はできないので、明日も熱が下がらなければ

近くのクリニックとかに行くように言われました。

親切な先生で、頭が痛いのなら髄膜炎の可能性も否定できないと

検査してくれて、お腹が痛かったようだから胃腸炎からの熱かも知れないと

お腹の様子も見てくれました。

 

特に何も問題なかったのですが、

その時、先生の画面にうつった診察履歴をみたところ、

先日からの手の腫れで「手荒れです」と言われた時の診察記録がないのです。

あれ?と思い、何度も見たのですが、やはり無い。

 

呼吸器内科の診察室を出て、患者様相談室で履歴を確認してもらうと、

ちゃんとあるってことでした。

でも、私が見た時には無かったので、病院としての履歴は残すけれど、

表面上には見えなくしてあるのでは?とか思い、

ますます病院への不信感です。

 

やはり、カルテを全開示してもらい、他の病院に行こうと思い、

カルテの開示はしてもらえるのか聞いたところ、

「文章科に言ってもらえれば出ます」とのこと。

でも、文書科と言うことは、お金もかかるし、全部の開示は難しいのでは?と思います。

 

それと、会計時に、診察券のバーコードが読み込まなくなったので、

受付に行ったところ、「新しいものを発行します」と言って出してくれたのですが、

前の診察券をゴミ箱にポイって投げ入れたのです。

 

乳がんの診察から子宮体がんの手術・抗がん剤治療と、

これまでの治療を捨てられた気がしました。

 

せめて、「捨てていいですか?」とか

「バーコードにハサミを入れますので、お持ち帰りになりますか?」とか、

一言あっても良いのでは?と悲しくなりました。

 

とりあえず、熱は帰宅したら、あっという間にひいたので良かったのですが、

診察に行くたびにムカつく病院に、愛想がつきます。

 

コメント

  1. のんチャン2016年3月7日 19:31

    こんばんは、桃杏さん。
    私も現在、風邪ひき状態です(苦笑)。
    先週、余りの体調不良で、近くの内科クリニックへ。
    熱を測ったら、38.5℃。
    インフルエンザかもしれない、と言われ検査を受けました。
    陰性だったので、漢方薬と抗生剤を処方されました。
    そんな状況で今日、経過検診へ行き無事6年修了と、言われホッとしている所です(笑)
    そこで、びっくりすることを聞き「検診って大事だな~」と思うと同時に、病院との信頼関係と記録をすることの大切さを感じた1日でした。

    返信
  2. 桃杏2016年3月9日 21:26

    のんちゃんさん、こんにちは。

    風邪の具合はいかがでしょうか。
    また、6年無事に経過したことは、ホッとしますね。

    私も近くのクリニックを探さなければと思いながらも
    ちょっとしたことで、大きな病院に行ってしまいます。

    ブログを拝読させていただきました。
    検診も大事だけれど、どこで検診するかはもっと大事だし、
    マンモなどの画像を、ちゃんと診ることができる医師を
    選択することも大事で、病院との信頼関係も大事。

    病院を選択するって、大変なことなんだなって改めて感じます。

    返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください