通勤電車での後悔

先日、通勤で電車に乗って驚きました。

杖を持った人が立っているのに、みんな知らん顔です。

杖を持っているということは、足か腰か痛いってことですよね。

見ていると、だんだんと辛そうになっていくのが分かり、

席を譲ってくださいとお願いしてみようか?と考えていると、

次の駅で降りて行かれました。

 

せめて、ホームに向かうところを見送りたいと思っていると、

なかなか姿が見えない。

あれ?反対方向に行かれたのか?思っていると電車が出発し、

ホームにしゃがみこんでいる、その人がいました。

 

目的の駅だから降りたのか、辛くて降りたのか分かりませんが、

辛くなっていたことは確かです。

どうすることも出来ずに、そのまま出勤したのですが、

やはり、席を譲ってほしいと頼めばよかった。

他に何かできることがあったのではないか?と後悔です。

 

次に辛い人に出会った時に、私はどんな行動をとるべきなのか。

状況にもよるけれど、何かできること、しなければいけないことを考えていきましょう。

 

コメント

  1. 私もぎっくり腰のあと
    杖をついている時期がありましたが、同じ状況で、
    優先席も埋まっていて誰も譲ってはくれなかった。ヨロヨロと、立って通勤してました。
    帰りだけは、始発なので
    座らせてもらってました。
    悲しいことだけど
    見るからにわかる妊婦くらいです。
    譲られるのは。

    高齢者でもよほどのご老体(失礼)
    でなければ、譲られません。
    それでも譲られない場合も。

    いまも、足腰が骨粗鬆症で弱くなり
    持病の座骨神経痛もあり
    杖もつきたいくらいですが
    荷物を極力少なくし、
    布製のトートや、軽いエコバッグで通勤するなど工夫してます。
    申し訳ないと思いながら
    パートナーに迎えを頼んだり、
    稀にTAXI使ったりです。
    トホホ。
    私も逆に、困られてる方に
    何ができるか考える良い機会となりました。
    桃杏さんありがとうございます。
    (*^^*)

    返信
  2. 桃音さん、

    骨粗鬆症は同じですね。
    特に電車内では揺れで転んで骨が折れたら困るので
    手すりをしっかり握っています。
    調子の悪い時は、手すりを握る力もないので辛いところです。

    あきらかに身体が辛いと分かる人のことも
    見て見ぬフリをする人が多いですから、
    内臓疾患や薬の副作用で苦しい人のことなんて
    分かるはずもないだろうなって思います。

    私は今は元気なので、困っている人に何かできること
    考えていきたいです。

    返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください