大腸がんが1位?

国立がん研究センターは、2015年に新たにがんになる患者数が、

98万2100人になると推計したとのこと。

2014年より約10万人増えて、その内訳は、

これまで3位だった大腸がんが1位になる予測だとのこと。

 

私が乳がんに罹患して、乳がん患者って多いんだなって思っていたのですが、

前の職場も現在の職場も、大腸がんの人がいらっしゃって、

よくよく知ると、大腸がんの人が多くて驚きました。

 

大腸がんの増加は主に高齢化の影響で、肺がんは、喫煙率が最も高かった1960年代に20~30代だった男性が高齢になり、発症が増えたためという。(YOMIURIONLINE

 

高齢化の影響と言うことは、これからもっと、高齢化が進むとなれば、

もっと大腸がんに罹患する人が増えるってことでしょうか。

 

でも、それと同時に、画期的な治療法も発見されると期待です。

 

がんに罹患する人が減って、苦しむ人たちが減る世の中になりますように。

コメント

  1. 確かに多い気はしますね。
    私の父もそうでしたし、
    職場に1人いらっしゃいます。
    父は大腸がんは克服しています。
    初期でもなかったと、母からきいたのだけど、、手術と、少しの間飲み薬を飲んでましたね。
    それから鳥越俊太郎さん、
    氏も幾度かの手術を乗り越えられてますね。
    そして、最近では
    今井雅之さん、今朝のニュースで
    会見を見ました。
    役者さんとしての心情が切なかったです。
    皆の幸せを心から願います。

    返信
  2. 桃音さん、

    今井雅之さんのニュースも衝撃でしたね。

    打ち込んでいたことを治療で中断しなければいけなくなるのは
    辛いですよね。
    チャチャっと終わる治療で、サッサと治る病気になればいいのですが。

    返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください