つんくさんの生きるための決断

ミュージシャンのつんくさんが、がんの治療のために

声帯を摘出していたとのこと。

 

がんは寛解したというニュースを、ついこの前に見た気がしたので、

今回のニュースは衝撃的でした。

 

声を使うことを仕事にしてきた人が、声が出なくなるという選択をしたというのは

私が想像することすら申し訳ない気がしますが、辛かったでしょうね。

 

私の母も、がんの治療のため、声を取るか命を取るかの選択を迫られたとき、

話せなくなるのは嫌だと言っていましたから。

母は声帯摘出はしませんでしたが、喉に痰や血が溜まって

自ら、「気管切開をして欲しい」と頼んで、話せなくなりました。

 

声を使う商売ではない母ですら、声を失うのは恐怖でしたから、

つんくさんの生きるための決断は、大変なものだったでしょうね。

強いな。

 

私は幸いと言うか、乳がんと子宮体がんなので、

今のところ声帯には影響がありませんが、

そんな決断を迫られたら、どんな決断をするのでしょうかね。

話せなくても生きていける、でも、想いをストレートに伝えられないのは辛い。

 

その時の自分の立ち位置で決断は変わってきますが、

短期間で生きるため決断を迫られたとき

優柔不断な私はどんな心理状態になっちゃうんだろう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください