尿の匂いでがんを発見

尿の「におい」の「におい」は「臭い」なのか「匂い」なのかどちらでしょう?

臭気は「臭い」で、心地よい匂いは「匂い」だと思っていたので

尿のにおいは「臭い」だと思ったのですが、あるメディアで

「匂い」と使われていたので、「匂い」にしました。

と、前置きはここまで。

 

九州大理学部の研究グループで、匂いをかぎ分けることができる

線虫という虫を使って、抗がん剤治療の影響のないがん患者の尿で

がんの有無を調べる実験をしたところ、

ほぼ正確に、がん患者の尿に集まり、健康な人の尿を避けたとのこと。

この線虫を利用すれば、がんの早期発見が可能になるだろうとのこと。

 

でも、何のがんか分からないのでは、後の検査が大変だと思ったのですが、

大腸がんなどいくつかのがんを特定できる線虫の作製はできているんだそうです。

 

すごいですね。

不安で痛みのある検査をする前に、尿だけでがんの有無が分かるんですよ。

それなら、検診の受診率も上がるのではないでしょうかね。

それに、費用も1件数百円程度だそうで、安価なのも嬉しいですよね。

完成するには10年くらい必要とのこと。

 

でも、開発されて、もっと簡単で気軽に検査ができて

早期発見に繋がれば嬉しいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください