歯科と医科の連携は重要ですよね

歯の治療をすることなどにより、手術する患者の感染リスクを抑えられるという研究成果がでたことから、
厚生労働省では、歯科と医科の連携連携強化に乗り出した」とのニュースが
読売新聞にありました。

そもそも、なんで病院に行くと歯科は別扱いなんでしょう?

歯科はインプラントなどの自由診療が多いからとか、
入院施設がないからとか言われていますが、
はっきりした理由が分からず、何だかモヤモヤするんですよね。

知ってる人がいらっしゃったら、教えてくださいませ。

私が子宮体がんの検査にひっかかった時に、
「これは手術をすることになる」と思ったので、早々に歯の治療に行きました。

でも、「うちの病院ではなかなか予約が取れない状態なので、近所の医者を紹介します」と言われ、
婦人科のある病院から少し離れた歯科医院を紹介してもらいました。

このおかげで、手術時にさし歯が抜けた場合の接着剤とか共有してもらったので安心でした。

その後、抗がん剤治療を受けなければいけないとなった時に、
「口腔ケアがますます重要になってくる」と思ったので、
定期的に通うことに決め、治療の副作用を考慮してくれた診察をしてもらうことができたし、
何かと親切にしてもらいました。

最初は、他の病院に回しやがって!と思ったのですが、
ちゃんと連携してくれたので、かえって良かったと思います。

聞いたところによると、紹介してくれた医師が特別だったようで、
他の医師や他の科では、なかなかそこまでしてもらえないってことでしたので、
恵まれていたようです。

診療報酬改定では、がんなどで手術を受ける患者に、
歯科診療所で虫歯などの治療を受けてもらうために紹介すると、
医科に点数が加算されるようにしたとのことです。

今までは無かったのねって思ったのですが、紹介することによって、
医科病院側にも良いことがあれば、嫌がらずに紹介してもらえるかも知れませんね。

患者側も手術やその後の治療での感染リスクが減ることになれば、安心ですからね。

コメント

  1. のんチャン2014年6月18日 21:50

    こんばんは、桃杏さん。

    「医科と歯科の違い」ですが・・・素人考えで申し訳無いのですが、「資格の問題」という気がします。
    ただ、最近はがん治療における口腔ケアが、とても重要と言うコトがわかってきたので、歯科医と連携を図る医師が増えてきたようですね。
    「肺がん」や「食道がん」の患者さんは特に口腔ケアは重要で、術後の感染症を防ぐ為にも、歯科との連携は外せなくなってきているようですよ。
    他にも、放射線治療や抗がん剤治療による口内炎が、患者さんのQOLを低下させる、と言うことも判ってきている様ですね。
    「口は健康の入り口」というコトで、認知症などの予防として口腔ケアの重要性が言われる様になってきた、と言う話を聞いたコトがあります。

    返信
    • 桃杏2014年6月18日 22:31

      のんチャンさん、こんにちは(*^。^*)
      コメントありがとうございます。

      医科と歯科の違いは「資格の問題」って言葉にはできないけれど感覚で分かりました。
      ありがとうございます。

      がん治療と口腔ケアは重要ですよね。
      私も抗がん剤治療の副作用で、口内炎だらけになったときに、歯科で綺麗にしてもらい
      スッキリしたことがあります。

      緩和ケアのセミナーに行ったときにも、口腔ケアは重要だって言ってました。
      いろんな科が連携していくのはありがたいことです。

      返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください