厚生労働省から封書が届いてから半年…。

厚生労働省から封書が届いたのが、2019年11月頃。

雇用保険に関する大切なお知らせ?

何かやらかしたのかとドキドキして開封してしまいました。

すると、雇用保険の追加給付のご案内でした。

すぐに、銀行口座を記入して返送してみました。

そして、それから約半年。

無事に振り込まれていました(既に、そんなお知らせがあったことすら忘れていましたけれど)。

2005年の受給時期からから2012年までの受給時期までの数回分。

合計約5,000円。

平均1,500円だというので、私はどれだけ多い期間、雇用保険をいただいていたのか改めて知りました。

2005年というと、うつ状態になって、何も手につかなくなった時期で、2012年は乳がんと子宮体がんの手術をした年。

助けていただいていたんですよね。

郵送料や口座振替料が大変なことになっているだろうな…って思うのですが、ありがたいことです。

知人には「何度ももらって、自分の払っている分は元を取っているでしょ」って言われちゃいました。

本当のことだから良いんですけどね。

振込があってから3週間後に、振込完了のハガキもいただきました。

この時期に思いがけない入金でした。

ありがとうございます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください