乳がん検診受診者が急増

乳腺外科の診察時に、話題のあの芸能人の乳がん罹患の影響について先生に聞いたところ、

乳がん検診を受診する人が、いつもの倍以上になっているとのことでした。

乳がん検診

それに、5年生存率50%の影響も大きく、

同じステージの患者さんからの問い合わせも多いんだそうです。

 

みんな、生存率と余命とごっちゃになっていて、

5年以内に、あの芸能人が死んでしまうと思っているらしいです。

 

生存率と余命とは違いますからね。

仮に、余命5年と言われたとしても、そんなのただの数値にすぎないし

治療などが功を奏して、何年も長生きしている人も大勢いますから。

 

ピンクリボン月間も重なって、乳がん検診の受診者が増えるのは良いことですが、

検診を受けて何も異常がなかったら、乳がんのことは忘れるのではなく、

乳がんを知るきっかけにしてもらいたいと思います。

 

「検診を受けましょう。早期発見・早期治療を」だけではなく、

乳がんを知ってもらうためのピンクリボン月間であり、

がんを知るキッカケが検診であって欲しいと私は思っています。

コメント

  1. Tossiy 2015年10月19日 07:01

    自分の住む広島県では、デーモン閣下がガン検診特命大使をしていますが、先日、そのデーモン閣下も参加され、県内のガン検診に対して積極的な活動、受診率の向上に取り組んでる企業や団体等の表彰式がありました。

    プロ野球・広島カープの試合でも「ピンクリボンデー」として、試合中に啓発活動をしたりしてる取り組みをしてるので、自分も知るきっかけになりました。

    こういう活動は、女性だけでなく男性にも知るきっかけになっていいと思います。

    返信
  2. Tossiyさん、こんにちは。

    そうでしたね。広島県ではデーモン閣下ががん検診特命大使でしたね。
    広島県はガン治療などに関する取り組みを積極的に行っていますからね。

    プロ野球の試合でも啓発活動をしているんですね。
    男性の乳がんも増えていますし、ご家族にも罹患する人が増えるかもしれませんから、
    多くの人が正しくがんを知るきっかけになって欲しいです。

    返信

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください