かかりつけ医で良かった

今朝、頭痛で目が覚めて、仕事どうしようかな・・・と考えながら寝ていたら、
吐き気がしてきて下痢になり、仕事どころではなくなりました。

寝ていれば治るかと思っていたけれど、
子宮体がんの抗がん剤の副作用時を思い出させるような辛さで、
昨夜の目のかすみも進んでいて、歩くのも大変な状態。

仕方ないので、病院に行くことにして、近くのクリニックにしようか考えてみたけど、
満員電車で息苦しくなるので一駅ごとに降りながら、
必死にいつもの乳腺や婦人科に通っている病院まで行きましたよ。

 

病院について、歩くのが大変なので、受付の人が車いすを持ってきたのですが、
車いすに乗ったところで、押してくれる人がいないので、
自力で歩かなきゃいけなかったのが悲しいでしたね。

神経内科、眼科、消化器内科の3科とCT等の検査をして、帰ろうとしたところで、
お財布がない事に気が付き、会計の人に「お財布や保険証、忘れました」って言ったら、
保険証は先月末に確認しているし、お会計は次回の予約が入っているので、
その時に一緒に払ってもらえば良いとのことでした。

助かりました。

病院側としても、歩くのも辛い人間に、
帰宅してお財布持ってきて払えとは言えないですよね。

近くの行ったことのない病院に行っていたら、そうはいかなかったかな?

これが、かかりつけ医の良いところですかね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください