がん治療中の人の25%は心の病気になる?

今日は心療内科の診察日でした。

特に何も変わったことがなかったので、前回の診察からのことを話しして、
同じ薬をもらって帰ってきました。

でも、話をするだけで、ホッとできます。

良いお医者さんに巡り合えてよかったと思っています。

私が、心療内科にかかるようになったのは、
がんになったからではないか?と思われがちなのですが、
そうではなく、祖母の病気と仕事がうまくいかない、
目指していた夢に破れたのと三重苦が重なって、心のバランスを崩したからです。

でも、がん治療中の人の約半数は、抑うつ状態になり、
25%の人がうつ病などで病院を診察しているらしいです。

そのうち、薬を処方されているのは16%とのこと。

「がん」なんて病気に自分がなってしまったストレスと、これから先のストレス。
それに、周りの偏見等のストレスなどが重なるからでしょうかね?

がんだけでも辛いのに、心も辛くなってしまうのは悲しいですよね。

みなさんの、心の辛さが和らぎますように。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください