10年目のデスノート

デスノートを観てきました。

早いもので、藤原竜也さんの前作から10年も経つんですね。

初日舞台挨拶をはしごして観て回ったことを思い出します。

10年前の私は、まだ無謀なことしていました。

 

前編を20回くらい観に行って、これで最後にしようと鑑賞して帰宅した時、

遠くから見ても、部屋のドアが開いている…。

恐る恐る開けてみると、荒らされていました。

はい。空き巣に入られていました。

それが、オートロックマンションにこだわるキッカケになりました。

 

今回の映画も、藤原竜也さんが随所に登場するので、

キラはやっぱり、藤原竜也さんだなと思いながら観ていて、

Lが出てきたときに舐めている飴を見て、

そう言えば、ゲリラ舞台挨拶に行った時に、

松山ケンイチさんが置いていったチュッパチャプスを大量に持ち帰ったんでした。

ほとんどは会社の人にあげてしまったけれど、一つだけは冷蔵庫に入れたはず。

もしかしたら、まだあるかも?と思い帰宅後、冷蔵庫を見てみると

ありました。

chupachupa

chupachupa

4回の引っ越しを乗り越えて、10年もの間、我が家の冷蔵庫に保管されていました。

食べる気はないけれど、まだ食べられるのかしら?

 

せっかくなので、これからもずっと保管しておきましょう。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください