放射線治療1日目

2012年2月7日のこと。

乳がんのホルモン治療を始めて、2日目にはホトフラが出て、身体がだるく、それから、毎日のように頭痛と倦怠感が続いていました。

そんな中、放射線治療を始めることになりました。

初日はこれからの治療の目印に、身体に印をつけるために大変でした。

☆☆☆☆

放射線科の診察室に入った途端、勝新太郎さんにソックリな先生と、何か良く分からない会話から始まりました。

先生: 若いのに大変だね~

桃杏: 若くないですよ

先生: 自分で見つけたの?どれくらいの大きさだった?

桃杏: 自分で見つけました。1センチ弱だと聞いてます

先生: ふーん。偉いねー。手術はつい最近だね

診察してもらったところ、少々固くなっていると言われたのですが、それが良いのか悪いのかも分からず、言われるまま。されるまま(*^_^*)

先生: それで、5週間にする?6週間にする?

桃杏: ・・・

5週間と聞いていたので、6週間なんて寝耳に水だし、どっちにすると言われても、こんなとこで即答できるはずもなく…。

私が悩んでいるので、乳腺外科の担当の先生に内線で話をして、話がややこしくなったのか、先生が来てくれることになり、話合った結果、6週間受けることになりました。

もし、再発した場合、「あの時に、6週間やっとけば良かった…」って後悔したいための防御策ですね。

で、患部に印をつけるためにCTをとるからとのことで、場所移動して、上半身裸で両手をあげて、足を何かに乗せられた格好で先生を待っていたのですが、「まわりますよ~」と言われ、ベッドが回って、めまいクラクラ

クラクラでしばらくすると、先生が入ってきて、印をつけられ、CTを撮りますよ~と言われ、CTを撮ったらしいです。

それから、何をしていたのか分からないけれど、また、「まわりますよ~」と回され、またもやクラクラ(+o+)

寝ていたから良かったですが、あれで立ち上がれと言われたら大変なことになってました。

CT後、マーカーなのか何なのかで身体にお絵描きのように何か書かれて、それをまたチェック。

その間、看護師さんがいろいろ話をしてくれたので退屈しませんでした。

でも、本当は眠かったので寝たかったんですけどね

しばらくして、位置が決まったからと、印を固めるためにテープを貼られ、それから放射線治療に入ったらしいです。

途中で、暗くなったり器械が近づいたりした覚えはあるのですが、頭は痛いし身体はだるくて眠かったので寝てました(-_-)zzz

で、終わりましたと声をかけられ終了。

3時間くらいかかると言われていたのですが、2時間くらいで終わって良かったです。

お着替えの時に、チラッと見たら身体に黒の印がたくさん書かれてました。
しかも、ずっと腕を上にあげていたので、手の筋が張って、親指の付け根が痛い痛い(-“-)



こわごわボスピタルブラをつけ帰宅したのですが、ものすご~く疲れてました。

そして、ベージュのホスピタルブラに黒のマーカーがついていました。

覚悟はしていたんですけどね。

もし、放射線治療をされる人がいらっしゃるとしたら、下着は黒系が良いですよ。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください