入院の予約での驚き

2011年12月8日のこと。

乳がん検査の結果をうけ、派遣会社に伝えたところ、
翌日、話を聞きに来てくれました。

短期の契約なので、そんなにも休んだり、遅刻早退が続くようであれば、
継続は無理だろうと言われましたが、一応、派遣先に話をしてみるとのこと。

その結果が分かるまでは、入院の予約ができないので、
早くして欲しいと頼み待っていたのですが、なかなか連絡がなく、
夕方、直接、指揮命令者と話をすることになりました。

できれば続けたいけれど、手術が終わって放射線治療のために
5週間は毎日病院に通わないといけないし、
放射線治療でどれだけ辛くなるのか想像もつかないので、
体力がもつのか自信がないと伝えたところ、
指揮命令者も相当ショックを受けていた様子でした。

指揮命令者は、がんの人間を初めて見たようで、それがショックだったようです。

で、お互い歩み寄って、継続と決まったので、
早速、入院にあたってのカウンセリングの予約をとり、
翌日、病院に向かいました。

手術をお願いし、入院のための検査の予約をとろうとしたところ、
2日前には空いていた日が、あっという間に埋まっていて、
年内ギリギリに検査結果がでる日程しかとれず、
当然、手術は翌年に持ち越しになりました。

その時に、ようやく思い出しました。

母の入院の時も、手術前の検査予約がとれなくて、
困った病院側が、他の病院で検査を受けるように設定してくれたのでした。

手術のための検査予約がとれないなんて、それだけ体調の悪い人がいるんですね。

採血後、入退院準備室で入院の説明を聞いて、またビックリ。

手術着を自分で用意しなければいけないとのこと。

浴衣で良いそうですが、夏祭り用の浴衣を持っていくわけにはいかず、
ないことを告げると、レンタルができると説明されました。

そのレンタルの案内を見ると、入院に必要なものは全てレンタルで揃うんですね。

その後、会計へ行き、またまたビックリ。

異常に高い…。

診療明細を見ると、「癌患者カウンセリング料」「癌患者特別診療料」とか入っていました。

それを見て、ようやく自分はこれから「癌患者」として生きて行かなければいけないと
認識したような気がします。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする