検査結果を待つ日々

2011年12月1日頃のこと。

悪性なのか良性なのか?

結果を待つ間の気持ちって、妙に落ち着かないものです。

悪性だろうと思っていた私ですら、いろんなことを考えてしまうのですから、
健康診断などで再検査を受けなさいと言われて、
良く分からないまま受けた人には、長い長い日々になっていることでしょうね。

その間、乳がんの手術のことや、その後の治療について調べていましたが、
大したことないような大したことあるような…。

実際に、乳がんの手術を受けた人のブログや掲示板を読んでみたけれど、
3日入院で、翌日から仕事に出ていたって人が多く、
早期だったら全く心配ないって思うようになりました。

入院しようが手術しようが、悪性だろうが、どっちでもいいと思っていたけれど、
仕事をこれから探さなければいけないことを考えると、
この時期に病気になってお金がかかるとは、本当に困りました。

毎日毎日、いくらかかるか? 医療保険で間に合うのか?婦人特約をつけておいて良かった。

そんなことを繰り返し繰り返し考えていました。

その頃、転職活動をしていたのですが、
乳がんで治療に入ったら、仕事は大丈夫かしら?と思いながらも、
仕事はしなければ生きていけないので、悪性かも知れないからと言っても仕事探しを辞める訳にはいかず、
ちょうど派遣の契約更新にきなさいとハガキが来ていたので、出かけて行きました。

すると、すぐに紹介してもらい、翌日、面接。

その日のうちに決まり、12月1日から業務開始となりました。

その時には、入院しなければいけなくなるかもしれないなんて、忘れていましたね。

そして、その1週間後、検査結果を聞きに病院に向かったのです。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする