胸のしこりの検査

2011年11月16日のこと。

乳がんの検査のために、紹介された病院へ検査に向かいました。

でも、その日は、すっごく入りたいと思った会社の面接日だったので、
検査よりも面接のことで頭がいっぱいでした。

紹介状をもらった病院でエコーを撮って、
その画像も紹介状とともに入れてくれるってことだったので、
すぐに生体検査だと思っていました。

でも、やっぱり、最初っから検査はやり直しなんですよね…。

触診に続いてエコー、その後、マンモグラフィに向かいました。

いつも撮っていたマンモは痛さはあまり感じなかったのですが、
今回は、しこりがあるという前提なので、
当然ながら、しこりを写るように入れるために
すっごく引っ張られつぶされ、痛いのなんのって…。

痛さのあまり、息ができなくて、マンモを撮ってもらう前に
窒息死するんじゃないかと感じたほどです。

検査が終わって、再び診察室に戻ると、既にマンモの結果がでていてビックリです。

その時に、何を言われてたのか細かくは覚えていないのですが、

「細かい石灰化に覆われている乳腺症がとっても気になりますね…。
これは、様子を見なきゃいけないですね。
石灰化が多すぎて良く見えないのですが…」と言っていたのは はっきり覚えてます。

その声が、「悪性の可能性がありますよ」と遠巻きに言っている気がしたのです。

で、生体検査の予約をしてくださいとのことで、
別室で看護師さんと検査の日程について話し合いました。

検査は週に1回とのことで、その週に取れれば良かったのですが、
予約が埋まっていて、翌週になってしまいました。

同じ悩みで検査する人が多いんだな…って改めて思ったのでした。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする