乳がんのホルモン治療再開

昨夜はやたら寒くて、布団の中でブルブル震えていました。

また風邪をひくと大変なので、ドキドキしましたが大丈夫だったみたいです。

子宮体がんの化学療法をしていたので中止していた、乳がんのホルモン治療が、
今日から再開です。

抗がん剤の副作用が治まってからとのことで、
先月、診察に行ったときに薬をもらってきてました。

以前は、卵巣からのエストロゲンを出さなくする「タモキシフェン」でしたが、
子宮がんの手術で卵巣を取ったため、
これからは、副腎皮質から分泌される男性ホルモンからエストロゲンを産生するのに必要な
アロマターゼという酵素を出さなくするための「アロマターゼ阻害剤」です。

タモキシフェンの時も、脱力感やしびれ等の副作用があったのですが、
今回もいろんな副作用が書いてあります。

最も多いのが、関節痛、肝機能障害、ほてり、発疹だそうです。

それに、骨粗しょう症や骨折が起こりやすくなるそうなので、一度、骨密度の検査をするそうです。

よく転んだり階段から落ちたりするので気をつけないと…。

 

これから5年間の服薬。
どんな副作用がでるのかな…。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください