なかなか、がん検診の予約ができない

住んでいる自治体から、がん検診のお知らせが来ています。

お知らせいただけるのは、本当にありがたいです。

しかも、助成していただけるのは感謝です。

でも、なかなか気分が検診に向かいません。

進行してから見つかるほうが、治療や何やかや大変だと分かっているけれど、
予約を取るのや病院に出向くのが面倒で、
「受けなくても大丈夫だろう」って考えてしまいます。

2つもがんに罹患しているくせに、こんな考えなのだから、
健康に暮らしている人たちが、自分には関係ない病気と思うのは当然ですよね。

でも、予約しようとすると、本当に腰が重くなるんです。

私の場合、まず、どこの病院に行こうかと考え、病院を決めるのに
もし、がんの疑いがあった場合、どこの病院を紹介してくれるのだろう?と考えます。

そして、調べているうちに、やっぱり、かかりつけ医を持たないといけないな…と思って、かかりつけ医を調べてみたりして、訳が分からなくなってきて、
結局、また明日考えようになって、一日一日延びていきます。

私の場合は単なる優柔不断ですが、でも、私のように考えて
なかなか予約まで進まない人も多いのではないでしょうかね。

そんな私が言うのも変ですが、やはり、がん検診などの健康診断は
ぜひ行って欲しいです。

もし、がんに罹患していたとして、治療は想像以上に辛いですよ。

胃カメラやマンモグラフィー検査も痛いですが、手術の後のほうが痛いです。

治療費もたくさん必要になるし、働くのも不便になります。

2人に1人ががんに罹患すると言われている現代です。

最近、健診に行っていないなって思ったあなたは、
私のように、何だかんだと先延ばしにしないで、検診に行ってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください