これまでの画像がないと身体と医療費に負担がかかるんだね

乳がんの精密検査に行ってきました。
精密検査と言っても、マンモグラフィーと超音波検査です。

結果、良く分からないので半年後に再検査だそうです。

てか、異常なしです。

マンモの画像を見た時、「あ~これ?」って感じでした。
手術した直後からあった石灰化です。

それに、先生が触診で断端部にプクッとふくらんで青くなっている部分を気にしていたのですが、それも、手術直後に血が溜まり、それが固まったか何かで、
青くなっちゃったので、ず~っとあったんです。

「これまでの画像がないから分からないので再検査をした」と
何度も言われたので、ず~っと診てもらっている病院だったら、
再検査の必要はなかったのでしょう。

こんなことがあるから、同じ病院で検査を続けたいと思っていたのですが、
診てもらうことは出来ずに残念でした。

大きな病院だから、経過観察は別の病院に行って欲しいというのは理解できます。

なら、「5年経ちました。お疲れさま。あとは他でどうぞ」ではなく、
今後の経過観察について、もう少し詳しく説明があっても良いと思うし、
どこかのクリニックで経過を診てもらえるような手続きの提案なども
あっても良いのではないかなって気がします。

でも、それもこれも、がんの経過観察や病院のことに無知な私がいけなかった。

今までの病院で診てもらえば良いと、簡単に考えていて、
これからのリスクを考えていませんでした。

長く診てもらえる病院でカルテを作ってもらってないといけないですね。

真剣に、かかりつけ乳腺外科やかかりつけ医を探そうっと。

 

それにしても、今回、診てもらった病院では、超音波検査も技師さんが行い
先生は触診と画像の説明と診断だったので、かなり驚きました。

診察時に、先生が超音波検査をすると思い込んでいました。

今回のことも、思い込みはいけないって教えられたのかな。

だから、今日の検査やイロイロ、良かったです。

ありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください