3年経過後の気になる症状

早いもので、乳がんの手術から3年が経とうとしています。

3年前の今頃って、翌日からの入院に備えて、持ち物を確認してたかな?

こんなに長い治療になるとは思わず、切ったら、何事もなく治ると思っていました。

3年経って、治療の副作用での股関節の痛みに悩んでいるなんて

考えもつかなかったですね。

 

最近の気になる症状は、乳頭分泌。

両方の胸からだけれど、特に手術した側の乳頭から、何か出てきていて、かゆいです。

時々、下着が触れても痛むことがあり、お風呂でお湯が触れると痛みます。

 

検診していなかったら、「再発?転移?」と思うところですが、

定期検診以外に診てもらったエコーでも異常なしなので、これも副作用か皮膚炎かな?

 

今は、乳がんの心配よりも、いつになったら頭痛が治るのかが大きな悩みです。

何事もない日々のまま、これからも過ごしていきたいものです。

 

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください