そこに溜まるところがあるから

乳がんの手術をしてから2年半経ちましたが、
まだ、電車のつり革につかまるのに右腕を上げると傷がつっぱります。

背が低いから、もともと電車のつり革につかまるのは大変だったのですが、
術後は、ますます大変になってます。

それに、放射線治療の後遺症で脆くなった血管からジワジワと血が出ていて、
血が溜まって、なかなか止まらなかった経験を思い出し、
無理をすると、また血が出てくるのでは?って恐怖もあるんですよね。

先日の診察時に、「少し水が溜まってますけれど、このままにしておきますからね」と言われたので、
なぜ水が溜まるのか聞いてみました。

そこに溜まるところがあるから

だそうです。

何でも、以前は、ワザと空洞を作り、
そこに水を溜めて切除した胸の代わりにしようと試みた医師もいるらしいのですが、
思ったところに綺麗に水が溜まらないのでダメだったって言ってました。

でも、もしそれができればスゴイですよね。

切除して出るようになった浸潤液で新たな胸を作る。

自分の身体から出たものだし、他の手術もいらないし理想的だわ~。

と、理想は理想として、今の私の胸に溜まっている水は、
このまま無くなることはないでしょうから、
また、血が出てこないように、急激に重いものを持ち上げたりするのは止めておきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください