気が付けば5年。寛解です

フト気が付きました。

2012年7月25日に子宮体がんの手術を受けて、

5年目になりました。

俗にいう、寛解ってやつです。

まだ、最後の検査を受けていないのですが、検査しても異常ないはずです。

 

きっと、手術した当時は、寛解時には、執刀してくれた先生が

喜んでくれるはずだと思っていましたが、

ひとりで、ゴールテープを切ることになりました。

 

でも、偶然にも同じ時期に卵巣がんの手術を受けた人から、

初めて電話がかかってきました。

彼女は、卵巣がんのステージはⅢCでグレードは4だったらしいのですが、

5年経った今も異常がなく、「治ったみたいよ」と言っていました。

 

同じ先生に執刀してもらったので、

「有名な病院じゃないけれど、名医に出会えてよかったね」と

お互いに喜び合ったのです。

 

手術後は抗がん剤治療をすすめられて、予定外のことに

「仕事はどうすれば良いのよ。生活していけないよ」と、

仕事とお金のことで頭一杯で、毎日の仕事を乗り越えるので精一杯。

5年後のことなんて考えられなかったけれど、

月日は着々と経っていくんですね。

 

子宮体がんのⅢa期でグレードは1。

無事に5年を迎えられてラッキーでした。感謝です。

 

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 長く厳しい道のりに、ゴ―ルテ―プを切られた事、
    本当におめでとうございます‼

    私も子宮体癌ステージ3、
    とても励みになります。
    まだまだ先が見えませんが、
    私もこんな日が迎えられる日が来るまで頑張ります‼

    返信
    • さん、こんにちは。

      ありがとうございます。
      治療が始まった時には、5年後なんて遠く遠く、
      その時の自分を考えられませんでしたが、
      こんなにあっさりとした自分がいるのも
      月日の経過のおかげというか、
      元気にしてくれた先生や周りの人たちのおかげです。

      順さんもゴールテープに向かって、
      あまり無理なさらずにお過ごしくださいね。

      返信

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください