身体が思うように動かなかった

2012年11月1日のこと。

抗がん剤の副作用に加えて、風邪ひいたら大変だと思い、
寒くなってきたので、すでに、足先が冷たくて、湯たんぽをしていました。

そして、何がどうというのではないけれど、なんだか身体が変な感覚。

気力もないけれど、やらなきゃいけない事はあるので、
動かなければいけないけれど、どうにもこうにも身体がついてきてくれなくて、
何もしていないのに疲労困憊って感じでした。

夕方になると、胸から背中にかけて痛みだすのは、
副作用なのか何なのか…って思いながら過ごしていました。

良く考えると、あの痛みは、白血球が戻ってきている証拠だったのでしょう。

抗がん剤の副作用で身体が思うように動かなかった1年前ですが、
1年経った今は、乳がんのホルモン治療の副作用で、
関節がこわばっていて、動くのがぎこちないです。

でも、これも慣れてくるのでしょうかね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください