抗がん剤治療後7日目と開かずの踏切

2012年8月31日のこと。

子宮体がんの抗がん剤1回目投与後、
4日目あたりから出てきた吐き気ですが、7日目には治まっていました。

その代り、全身が痛い。

特に胸から背中への筋肉痛。

微熱は相変わらず続いているし息苦しいし、手足のこわばりとしびれは、
ますますひどくなっているけれど、
そんなことは小さな副作用だと思うようになってきました。

吐き気がないうちに、いろいろ動きたかったけれど、
身体が痛くて動けませんでした。

そして、この日は診察日。

病院のすぐそばにある踏切が開かなくて、
炎天下の中、30分ほど待たされて、病院に着いた時にはグッタリでした。

歩くのどころか、立っているのも辛い状態だったので、
踏切が開くのを待っていた途中で、座り込んでしまいました。

どうしたことか、いつも欠かさずに持っていた日傘を忘れて、
頭が燃えるかと思いました。

親切な外国の女性が日傘に入れてくださったので助かりました。

で、診察では「今が一番辛いときですからね~。
熱が38度近くになったら、入院管理しなきゃいけませんから、
すぐに連絡してくださいね」って言われた気がします。

この時は、夏バテかと思っていたけれど、相当辛い副作用だったようです。

スポンサーリンク

コメント

  1. 小梅2013年9月2日 09:35

    あったねぇ、踏切の話^^  踏切があまりにも開かないのに怒って踏切のこぎりで切っちゃったおっちゃんが前に いたわww  みんなが困ってるからやったと 言ってたけどw嬉しい気持ちやら複雑よねぇ。 九月入ったね♪ 

    返信
    • 桃杏2013年9月2日 13:38

      小梅ちゃん、こんにちは(*^_^*)

      9月に入ったのに暑いね~(^_^;)
      踏切を切っても、電車が止まらないのには変わりないと思うんだけど・・・。
      まぁ、それだけ開かなくて、みんなイライラしてたってことかな。
      暑かったり寒かったりする中、なかなか踏切が上がらないとイライラもするわね。

      返信

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください