子宮体がん抗がん剤投与4日目の副作用

先日から、何者かの不正アクセスにより、
サイトが改ざんされる事例が多発していると警告をいただいて、
当サイトは全く関係ないと思っていたのですが、
昨夜、攻撃をうけたらしく、改ざんされていて焦ってしまいました。

偶然、夜中に気が付き、慌てて修正したのですが、
多分、4時間くらいは、おかしなことになっていたと思います。

訪問してくださった人がいらっしゃいましたら、
せっかく来て下さったのに、失礼いたしました。

最新のウイルスソフトを入れて、安心していたのが大間違いでしたね。

いろいろとセキュリティを強化してみたのですが、今後、あんなことがありませんように・・・。

さて、2012年8月29日のこと。

子宮体がんの抗がん剤治療1クールの4日目あたりから身体が言うことをきかなくなり、
足に1枚皮がはったような感覚になりました。

まっすぐに立ちたいのに、必ず右か左によろけて、
壁にぶち当たって立ち上がることが困難になり、
階段を上りたいのに、足がうまく上がらなく、
転ぶと大変なのでエレベーターを使用するようにしました。

相変わらず熱は下がらず、肋骨は折れたような痛さ。

熱があるからか頭がおかしくなったからなのか、判断力も鈍り、
「こんななずじゃなかったー」ってことも多々あり。

こんなことで、6か月間、仕事をしながら暮らしていけるのかしら…と、
不安になってました。

そして、その晩から、指先がピリピリするようになりました。

熱は下がらない、息苦しい、異常に汗が出るのは相変わらずで、
頭痛も出てきて、もう何だか分からない状態でした。

でも、まだ1回目なので、気合でなんとかなってましたね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください