TC療法1クール目は点滴ルート確保が大変

2012年8月24日のこと。

前日入院して、採血を済ませて、気合充分だったのですが、
9時半だか10時だかに始まるという点滴は、
ルート確保ができなく、昼御飯が終わっても始まりませんでした。

6回失敗して、30分休憩しましょうと言われて休憩していたら、
先生がお産に入ってしまい、
「腕を温めてね」と湯たんぽを渡されたので温めていたら、真っ赤になってきて、
慌てて看護師さんに見せにいき、低温やけど寸前だからと、慌てて冷やす冷やす(^_^;)

何をやってんだか・・・。

それでも、先生は来ないので、売店で買い物(^^)d

買い物に行くと言って出掛けたのに、
戻ったら『よかった~♪戻ってきた~(^o^)』と大騒ぎ。

休業していた婦人科の先生が、ルート確保に来てくださいました。

で、2回目で成功(^-^)v
苦節8回。がんばった!私の腕。

14時に、ようやく点滴が始まりました。

でもこの時点で、ひと仕事終わったようでぐったり。

その後、吐き気止めやなんやの薬を点滴してもらい、
その間は看護師さんと楽しく話していて、
抗がん剤投入のときに、
「アルコール成分が入っているので、だるくなったりするかもしれません」と言われ、
酔っぱらうのか?と思っていたのですが、特に何もなかったです。

その後も、10分ごとに検温と血圧が続き、
30分に1度の検温と血圧になったときにトイレに行き、
留守電がはいっていたので、折り返しの電話をしに行きました。

電話中に『ピーピー』となるのでなんだろう?と思っていたら、
看護師さんが「桃杏さん。バッテリー切れです」と飛んできたので、
大急ぎで病室に戻りコンセントをつなぎ、体温と血圧をはかってもらいました。

「リラックスしてすごしてね」と言われ、
その言葉通り、ようやく、酔っぱらいになり寝込んでしまいました。

そんな訳で、その後の質問に何を聞かれたのか、何と答えたのか、
全く覚えてませんが、なんとか無事に1回目の抗がん剤点滴は終了したようです。

次の予定を聞いて、メモしたは良いものの、
なんせ酔っ払いなので、翌朝には覚えてなく、再度、聞く羽目になってしまいました。

この時点で感じた副作用と言えば、手足のこわばりだけですが、こ
れからどんな副作用がまっていることやら…と、ドキドキでした。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください