子宮体がん手術から丸7年経ちました

2012年7月25日に子宮体がんの手術を受けて、丸7年経ちました。

今日から子宮体がん8年生です。

もう忘れても良い日だけれど、何となく思い出されます。

 

手術前の2リットルの下剤が飲めなくて、
半日間、下剤とにらめっこして過ごし、
夕方にはストレスで蕁麻疹がでてきたこと。

手術直前、師長さんが「12時30分に手術室着ですよ」と
伝えにきてくれたけれど、姪が頭痛でホテルで倒れていたので、
間に合わないかも?って状態だったこと。

手術後、病室で目覚めた時に、
同室のおばちゃんが唱えていたお経が聞こえてきて、
一瞬、私がどこにいるのか分からなかったこと。

いろんなことが思い出されてきます。

でも、それらのことが想い出となっていることで、
時の流れの速さを感じるとともに、
子宮体がんとは離れていっていることを感じます。

ありがたいことです。

 

一緒の病棟に入院していた人たち。
同室で過ごしていた人たち。
みなさん、どうされていらっしゃるのかな。

 

今日から子宮体がん8年目。

元気に過ごせている奇跡に感謝です。

このブログを見ていてくださっていて、
辛い思いをされている方々の辛さが
少しでも和らぐように応援しています。

 

読んでくださってありがとうございました。

今日もありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください