子宮体がん手術から6年経過

2012年に子宮体がんの手術を受けてから、無事に6年経過しました。

5年経過で寛解になった時には覚えてもいなくて、

特に何の感情もなかったので、6年経ったと言っても特に何の感動もありません。

ただ、あの時のほうが、今の私よりも希望があり、

手術が終われば何でもできると思っていたな…と思い出すことがあります。

抗がん剤治療をしなければいけなくなった時は、

仕事が続けられるか焦ってしまいましたが、その心配も1か月弱で終わり、

治療を受けると決めてからは、

抗がん剤治療の6クールを最短で終わらせることだけに集中していました。

6年経った今、私の中で、子宮体がんの治療などは過去のものとなりました。

通院や治療に関しての病院への不信なども、消化されてきています。

病気で辛い思いをするのは嫌で、治療があったらあったで大変だけれど、

希望のない今の心よりも、病気があっても生きていきたいって思える

希望が欲しいと思います。

生きるために治療を受けたのに、その時の気持ちを、なぜ忘れてしまっているんだろう?

道を歩いている人や、忙しく働いている知人などと私は、

全く別の世界にいる気がします。

もしかしたら、私はもう、この世にいないんじゃないか?なんて

思うこともシバシバ。

とは言え、毎朝、目が覚め、お腹が空いた気がして食事を摂り、

光熱費などの請求はくるし、早く現実に戻らないといけません。

人はいつからでも変われると言われますが、

本当に変わろうという気持ちがないと、いつまでも変われません。

がんになって、人生観が変わり、気が付いたことがたくさんあったと聞きますが、

私は、2つのがんに罹患した時も、何年も経過した今も、全く変わらずダメダメです。

寛解したことは感謝しつつも、何で寛解になったんだろう?

あのまま治らないほうが良かったのではないか?

もっともっと生きて欲しかった人たちと代わってあげたかった、など思う6年目です。

スポンサーリンク
スポンサー リンク




スポンサー リンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 元気ママ より:

    うんうん、
    すっごく分かりますよ〜‼️

    乳ガンは母がなっていたので
    私もいつかなると思っていました。
    現在、母も今も生きているので
    全摘すれば大丈夫と思っていました。

    しかし、ホルモン治療での副作用で卵巣に11センチの腫瘍があると分かった時は、悪性と決めつけ他の人の卵巣ガンのブログとかを読んでいたので自分は死ぬかもしれないと、大泣きをした覚えが有ります。

    それなのに…
    仕事も中々見つからず、
    生活費や治療費にも困る状況になり、国民年金も免除してもらっていたりね。

    そして、
    体調も万全ではないけど、
    それを隠してやりたくもない介護職なら採用してくれるかもと思い、正社員としてやっと介護職で
    仕事を得る事が出来ました。

    こんな事なら、
    もっと乳ガンの状態が悪くて、
    死んでしまった方が良かったかもしれないと思ったり…

    生きている事が
    こんなにも辛いのは、
    もうイヤになり心は折れて
    皮一枚で繋がっているような
    感じですね…

    あらら〜〜
    愚痴を長々となり
    すみませんでした。

    • 桃杏 より:

      元気ママさん、いつもありがとうございます。

      後になって、あーすれば良かった。こーすれば良かった。
      など思っても、やり直してみることはできないですからね。

      生きていくのに、こっちが正解っていうものはないし、
      自分で後悔のない選択と行動をしていきたいですね。

      私も、元気ママさんのように、生きるためには
      嫌だなって思う仕事も頑張らないといけないですね。