身体への影響が少ない放射線治療の最終治験開始

ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)という放射線治療の実用化に向けて

国立がん研究センターなど3病院が治験を始めるとのこと。

 

ホウ素中性子捕捉療法は、ホウ素薬剤を患者に点滴して

中性子線を照射するのだそうですが、

ホウ素薬剤は身体への影響が少なく、

また、がん細胞だけを狙い撃ちできるんだそうです。

 

早ければ5年後に先進医療の認定を目指しているとのことですが、

その5年を待てない人もたくさんいらっしゃるんだろうなって感じます。

 

それに、先進医療と言うことは、ほとんど保険がきかないセレブな治療。

私にはとうてい手の届かない治療なんでしょうね。

でも、身体への影響が少ない放射線治療って良いですね。

 

一日も早く実用化されて、多くの患者が受けることができるようになりますように。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください