がんの根本的な治療法が開発されるかも?

「がん幹細胞」の鉄分を取り除けば、
がんの再発や転移を抑え込める可能性があるらしいとのこと。

読売新聞によると、

がんの再発や転移の原因とされ、「がんの親玉」とも呼ばれる「がん幹細胞」は、細胞の鉄分を取り除けば抑え込める可能性があるとの研究成果を、岡山大の大原利章助教(免疫病理学)らのチームがまとめた。

がんを根本的に治す治療法の開発につながるという。8日から名古屋市で開かれる日本がん学会で発表する。

がん幹細胞は、がん組織の中に数%含まれているとされ、がん細胞の供給源になる。抗がん剤や放射線が効きにくく、がんの再発や転移の原因とされる。

体内の鉄分が過剰になるとがんになりやすいことが知られている。チームはこれに注目し、iPS細胞(人工多能性幹細胞)で作ったがん幹細胞に鉄分を与えると、普段より3倍増えた。一方、鉄分を取り除く薬を加えると、がん幹細胞の増殖が抑えられた。

また、このがん幹細胞でがんを発症させたマウスに、鉄を取り除く薬を与えると、がんの腫瘍が小さくなった。(YOMIUTIONLINE)

 

とのことで、がんの腫瘍も小さくなる可能性があるのですね。

でも、これは、どこの部位のがんでも良いのでしょうかね。

 

根本的に治す治療法が開発されるのは嬉しいですが、
その治療法での副作用が心配です。

 

一日も早く、副作用が少なくて効果的な治療法が開発されて
がんで苦しむ人が少なくなりますように。

 

スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください