チョコレートって身体に良いの?悪いの?

高カロリーで高脂肪なので、太るとか肌が荒れるなど言われるチョコレートですが

ポリフェノールが多く含まれているので、コレステロール値を下げるとか

アレルギーやがんの予防にも効果があると言われていますが

一体、チョコレートって良いのか悪いのか、どっち?って思っていたところ、

血圧を下げる効果があるとのニュースがありました。

それによると、

生活習慣病対策を進めている愛知県蒲郡市などで、昨年6~7月、市民ら45~69歳の男女347人に、カカオを72%含むチョコレートを毎日25グラム食べてもらった。この結果、最高血圧の平均値は、調査前に125・3だったのが調査後に122・7に、最低血圧も78・8から76・9に低下した。高血圧の人(最高血圧が140以上または最低血圧が90以上)では、最高血圧が平均で5・86下がり、正常値の人も1・62下がった。善玉コレステロールも増える一方、体重や肥満度に変化はなかった。(YOMIURIONLINE

血圧まで下げる効果があるなんて意外でした。

 

そう言えばX JapanのYOSHIKIさんは、子供の頃、自宅にあったチョコレートを食べすぎて、

チョコレートまみれで倒れていて、救急車で運ばれて以来、

チョコレートを食べるのにドクターストップがかかったとか。

 

チョコレートに限らず、多く摂りすぎたら毒になるけれど、程々にうまく付き合っていくと

身体に良いというものが多くあるのでしょうね。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください