凍結卵子で13年後に出産

高校一年の時に悪性リンパ腫と診断された女性が
卵子を凍結保存し、12年後に解凍した卵子と旦那さんの精子で
体外受精して、無事、妊娠出産したとのニュースがありました。

高校生で悪性リンパ腫で抗がん剤治療を受けることと
卵子を凍結保存しようと考えるなんて、
前向きに生と向き合っていたんだなって。

私が高校生の時なんて、どうしたらイジメられないかって事ばかり考えていましたっけ。

今回のニュースは、がんの治療や不妊治療をしている人たちに
希望や勇気になったのではないでしょうかね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください