子宮頸がんワクチンの重い副作用

千葉県で2013年以降、26人の県民が子宮頸がんワクチンによる

重い副作用症状が出ていることが分かったとのこと。

 

子宮頸がんワクチンは2013年6月から、積極的接種を薦めることを

中止していましたが、その前に接種していた人たちが

多くいらっしゃるんですよね。

 

今も高熱や視覚障害などの重い副作用で車いす生活を

余儀なくされている人もいらっしゃるとのことですが

その副作用を癒す治療はないものなんでしょうか。

 

がんを予防できる画期的な方法なのに、こんな結果は残念ですね。

 

なんとか、現在の副作用で苦しんでいる人の治療や

副作用のないワクチン開発も進んでいくことを祈ります。

それしか、私にはできませんから。

 

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください