ALS支援活動の輪

アイス・バケツ・チャレンジ」というチャリティが流行し始めているとのこと。

この活動は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者支援と認知度をあげるために
アメリカで始まったもので、

  1. 氷水を24時間以内にかぶる
  2. ALS支援団体に100ドル(1万円)を寄付する
  3. 1.2.の両方
  4. 次の挑戦者を3名指名する

以上がルールで、ビルゲイツさんなどが参加しているとのこと。

指名してもされても、強制力はないので、指名するとその人に
迷惑がかかるのではないか?など考える必要はないそうです。

そして、始めるのも自由で、順番を待ってドキドキするのなら
思い切って自分から始めれば良いということですね。

 

でも、ALSの患者支援と認知度を上げるためという本来の目的そっちのけで
単なるお遊びのようにならなければ良いなぁと思うのですけどね。

 

ALSアイスバケツチャレンジ(日本ALS協会)

スポンサーリンク

コメント

  1. 桃杏さん 今晩は(^^)

    ALS、深刻な病気ですね。最後は老衰で穏やかに幕を下ろせるとどんなに幸せでしょう。

    返信
    • アキさん、こんにちは!(^^)!

      母がALSだったのですが、大変な想いをしていました。
      最期は穏やかな顔をしていましたが
      それも、精一杯、病気と闘ったからでしょうね。

      返信
  2. 桃杏さん おはようございます(^^)V

    お母様も桃杏さんも辛かったでしょうに、今は痛みや苦しみからも解放されて穏やかにされてると思いますよ。

    更新がないので心配しています(.,)めまいも酷かったですもんね。私のめまいは今のところ落ち着いているようですが突然くるので油断できないです。桃杏さん、少しの量でも栄養のある物を食べて御身体大事にして下さいませね。

    返信

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください