お薬手帳は本当に必要ない?

illust328_thumb
チラッとどこかで見かけたニュースで、「お薬手帳を断って20円得しよう」みたいな内容がツイッターで広まっているとのこと。

2014年4月から、お薬手帳を要らないと言えば、通常120円の指導料が100円になるので
20円安くなるのですが、本当に断っても大丈夫なのでしょうか。

湿布をもらったとか、トローチをもらったとかで、1回きりの場合は、要らないような気もしますが、
その後、何かの副作用や、他の部位を治療することになり、
トローチの種類により、飲み合わせが悪かったり、
以前もらった湿布が大量に残っているのに、はっきり覚えていないために、
また同じものが大量に出されたりすると、余計にお金がかかると思うのですよね。

 

それに、震災などで、急に治療が必要な場合など、
現在の薬が分かれば、副作用とか瞬時に判断できてすぐに治療ができます。

でも、そう言っている私も、お薬手帳には、ちょっと疑問なんですよね。

乳がんの手術時やホルモン治療が始まった時に、現在服用しているお薬を伝え、
なおかつ、お薬手帳を出していたのにも関わらず、
服用している薬を見ていたのか見ていないのか、
乳がんの治療で出された「ノルバデックス」と飲み合わせが悪いというか、
ノルバデックスの効果を半減させると言う薬をのんでいたのにも関わらず、
何の注意もされないまま4か月も飲んでましたからね。

それに、子宮体がんの抗がん剤治療で、
お薬手帳に処方されている薬のシールを貼っていたけれど、先生も薬剤師さんも見てませんでした。

だから、いろんな科で、同じ抗生物質をダブって出されていました。

同じ病院内でもそんなことがあるのですからねぇ。

先日も「アリミデックス」をジェネリックに変更すると、いくら安くなるのか?って聞いた時、
「アリミデックスを飲んでいるんだ?」って言われましたから。

これって、お薬手帳の内容を見ていないって事じゃないですか?

そんなこんなで、私はお薬手帳には一抹の不安があるのですが、
やはり、持っているべきだとの想いは変わりません。

今後は医療機関がしっかりと、お薬手帳の役割をもっとしっかり把握して、
手帳の中を確実に読むようにして、患者には利用していくように推奨していくことにもっと力をいれてもらいたいものです。

スポンサーリンク

コメント

  1. おこちゃんちゃん2014年6月10日 02:58

    他の方のブログでも取り上げていました。必要ないと。

    私の場合ですが、心療内科と整形の先生には、薬が変更になったら、見せていました。が、心療内科の近くの薬剤師さんが、手帳をパソコンでチェックして、飲み合わせが悪いのを発見してくれました。
    非常に危ない飲み合わせでした。

    血圧の上が、55位になっていて、どうしてかわからなかったんです。

    医師は製薬会社からの情報などで薬を出したりしますが、自分の専門科の薬以外は詳しくありません。
    その薬局でチェックしてくれなかったら、低血圧のショックを起こしてしまうところでした。

    医師の通りにしか処方しないところも、運悪くあるかもしれません。
    薬剤師の知り合いは、医師が変な組み合わせや、出し過ぎの時は、医師に連絡しているそうです。
    事故に遭ったりした時も、持っていた方が、イイと思います。多少のお金でも増えるのはイヤですが、私は、薬剤師さんにしつこく確認します。
    医師より詳しく教えてくれてます。
    お金に変えられない思いをしましたからね。

    返信
    • 桃杏2014年6月10日 19:45

      おこちゃんちゃんさん、こんにちは(^^)

      そうですか。
      他の人のブログでは必要ないって取り上げてありましたか。

      医師は他の科の薬は分からないし興味もないって感じです。
      だから、副作用を言っても「それはこの薬ではおこらない」って言って
      他の薬との飲み合わせとか思ってもみないのかも知れません。

      調剤薬局も親切なところに行けば良いのですが、そうではなく
      ただ薬を出しているようなところでは相談しても相手にしてくれないくせに
      管理料なるものを取られていてガッカリします。

      おこちゃんちゃんさんは、良い薬剤師さんと出会ったようですね。
      そんなふうに、医師と薬剤師が、もっときっちりとお薬手帳を活用してくれれば
      良いんですけどね。

      でも、私もお薬手帳は必要だと思いますよ。

      返信

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください