地下鉄内で心肺停止した人がいたら

今日のニュースで、電車内で座席に座ったまま心肺停止となった男性を助けた人たちが、
京橋消防署から消防総監感謝状を贈られたとありました。

東京メトロ丸ノ内線内で、心肺停止となった男性を乗客3人が銀座駅で降ろして、
心臓マッサージなどで救命措置を行い、その男性は命を取り留めたとのことです。

心臓マッサージをおこなうってのも凄いですが、
男性の急変に気が付いたのが凄いな~って私は思いました。

電車内で隣の人が亡くなっていても気が付かないのが都会だって聞いていたし、
寄りかかってくる人がいたりすると、単に気持ち悪い人って思い、避けるのではないか?って思ってました。

親切な人が周りにいて、本当に良かった。

もし、私がそんな場面に出会ったとしても、何もできなかったでしょう。

情けないな~。

目の前の辛い人に気が付ける人間でありたい。

今度、救命訓練みたいのがあったら、参加して勉強しましょう。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください